眠気――いくら寝ても眠気が残る、疲れが残って困っている人

眠気を拭い去れないという事態を解決するには、まず、生活習慣の見直しが必要であると思われます。

生活習慣の見直しは、食事・体の状態・時間の使い方などの観点から行うのがよいでしょう。

食事は、栄養的にバランスのとれた体に良いものを摂取しているかを確認すればよいので、一目瞭然であるといえます。

体の状態に関しては、適度な暖を取っているか、あるいは、冷やし過ぎていないかとか、体を酷使しすぎていないか、そうでなくとも、疲労しやすい状態にないかとか、体の鍛え方が充分であるかどうかなどです。疲労に関していえば、体を鍛えていないと、余計に疲れが溜まりやすくなったり、何をするにもしんどくなったりする場合があるので、単に、体を楽に開放することが策ではない点にも注意が必要です。

さらに、時間の使い方に関してですが、個人個人によって、朝型・夜型の違いもあり、また、脳の酷使の程度の高い時間があるなどの場合には、それに合わせた時間のスケジュール編成、および、時間管理が必要であるといえるでしょう。そもそも、75分集中して脳を使った場合、15分〜20分は休ませなくてはならないという研究もあるほどです。

このように、眠り以前に、起きている時間の健康状態の偏りを是正しなくては、眠りが解消できる限度を超えた疲労感が、次の日に持ち越されてしまうのだと考えられます。

そして睡眠不足は人の見た目にも大きな影響を与えてしまいます。

よく薄毛で悩む人は多いですが、その根本的原因に睡眠の質の悪化があることに気づいていない人は多いでしょう。

人は毎日細胞を作り変えていますが、その作り変えるタイミングの多くは睡眠中に行われます。つまり睡眠不足はそのまま老化となり、体の正常な働きを阻害することになります。

そのため皮脂が過剰に出て脂症になったり、逆にカサカサの乾燥肌になったり、同年代より頬のたるみがひどい、体臭などが気になるようになります。

最近多いのが頭皮が何となく臭いという症状。これは一般的にシャンプーのしすぎによる乾燥が原因ですが、睡眠不足によりホルモンバランスが乱れてしまい、体の毒素が十分排出されていないのも重なっています(頭皮が臭い原因について)。

女性に結構多いのは、シャンプーのしすぎ+睡眠レベルの悪化が重なっているケースが目立ちます。そのため頭皮ケアをしてもいまいちニオイが改善されないということに至っていますね。

人を作り、人を治すのは睡眠。これを軽んじることなく高いレベルで続けている人は、間違いなく若さを維持できて充実した芸術的な人生を送ることができるでしょう。